2019年台風15号および台風19号に伴う歴史資料保全について(お願い)


2019年10月16日
NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん


 このたびは台風15号および台風19号の被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い復旧と安心した生活になりますよう、祈念致します。
 当会として、災害に際しできること、それは歴史資料(写真・民具・文書など)の保全です。当会と協同・協力して活動しております歴史資料ネットワークでも、「2019年台風19号被災地のみなさま、ボランティアのみなさまへ(歴史資料保全のお願い)」を発表しております。
http://siryo-net.jp/info/2019typhoon19/

 ご自宅に所蔵されている写真・民具・古文書などでお困りのことはないでしょうか。土砂崩れや雨などによって水に濡れてしまい、カビが生えてしまったような場合でも、ある程度の復元が可能ですので当会や上記史料ネットに御相談ください。地元自治体や長年にわたって資料保全を行っている関係団体とも協力・協働して、歴史資料の救済のために全力でサポート致します。

 問題が発生している、あるいは歴史的な資料に関する質問や意見、保存に対する対処方法、今後の保存に関する不安など、御困りのことがございましたら、NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんまでお気軽に御連絡頂ければ幸いです。




NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん
住所:東京都青梅市梅郷3-863-2
電話:090-3699-6582(代表理事 西村慎太郎)
メール:info★rekishishiryo.com
(★を@に変更して下さい)
ページのトップへ戻る